前へ
次へ

暗記することで人間は成長する

小学校から大学まで、人間の勉強は暗記の連続といっても良いでしょう。特に大学受験はテストされる項目が多く、数学から現代社会まで覚えておかないといけない項目が多すぎます。これをなんとか覚えてテストにのぞみ、それなりの成績をとらないと受験に合格することはできません。つまり、いかに効率的に知識を仕入れ、持続して勉強をしていくかがカギになり、より高度で難しい問題にも対応できる力をつけることが大事です。暗記には効率的なやり方と効率的でないやり方があり、前者をいかに早く見つけられるかでその後の勉強法も変わってくるでしょう。暗記することで人間はどんどん知識を蓄え、成長していきます。それは日常生活のあらゆる部分で身に着けた知識を利用できるようになるからで、ある程度それが貯まってくると会話の内容もランクアップしていることに気付くでしょう。日常生活を充実させるためにも若いうちはできるだけ勉強し、さまざまな方面の知識を仕入れることで自分の知識の幅を広げることが重要なわけです。

Page Top