前へ
次へ

暗記をするときに深く覚えること

暗記をする方法として様々な事象と結びつけて覚えるというようなやり方もあるのですが結局は繰り返してとにかく頭に染み込ませるという事の方が効率が良かったりします。様々な事象と結びつけるというのは要するにこれを覚えた時にどんなことをしていたのかどんなことをイメージして行ったのかということを覚えるということで記憶の引き出しを開けやすくするというやり方が可能であるからオススメされるやり方の一つになっているわけです。この方法は悪いわけではありませんし、一度染み込ませるお忘れなくなるようなタイプのものでもなりますので、実はかなりお勧めできるわけですが、とにかく一つ一つの物事を覚える時に結びつけさせる事象のことを考えなければならないので暗記の効率としては実は極端に良いというわけではないです。それでも深く覚えるという点においてはそれだけを覚えるよりは何かを結びつけて覚えた方が深く覚えられるわけですからよいわけです。

Page Top